アコースティックギターの通信講座

アコースティックギター,フォークギター,クラシックギター,ギターのことなら、アコースティックギターの通信講座へ

メニュー| アコースティックギターの根強い人気 | アコースティックギターが愛され続けている理由 | アコースティックギターを弾く年齢層 | アコースティックギターのデュオ | アコースティックギターはソロでもいける! | アコースティックギターの通信講座 |

アコースティックギターを弾く年齢層

アコースティックギターを弾く年齢層

アコースティックギターは長く愛され続けているわけですが、なぜそこまで根強い人気があるのでしょうか。その理由としてはアコギ人口が多く、幅広い年代層に浸透していることです。そのことにより、アコースティックギターに対する親近感があります。また、アコースティックギターを使用しているミュージシャンが多く、親近感があることも1つの理由でしょう。また、路上ライブ等演奏する場所を選ばないところも人気の理由の1つですね。

基本的にソロでも十分なアコースティックギターなので、練習は孤独になることが多くなります。しかしマイペースで練習できるというメリットがありますが、自分が上達しているのか把握できにくいというデメリットもあります。他人に聞かれるのが恥ずかしいという気持ちも分かりますが、ココは勇気を出して他の人に聞いてもらいましょう。他人に聞かれるという状況の中で練習することにより、問題点を抽出できますので上達が早くなります。

近所にギター教室があればベストですね。上達がはやくなります。ない場合は、通信講座を利用するといいです。

しばらくして、アコースティックギターの弾き語り曲を演奏する際に重要なことは、ストロークを完璧にマスターすることです。ストロークは基本中の基本です。それさえできれば選曲にこだわることはありません。全ての曲がストロークで演奏できます。ただし、コードをしっかりと押さえることができることが大前提ですが。コードの練習は少しづつでいいですから毎日やりましょう。

最初のうちはアコースティックギターを友達や兄弟に借りても十分でしょう。しかし練習をしていくと自分専用のギターを持つべきです。初めて購入するときは、楽器店の独特な臭いも購買意欲をそそられて楽しいものです。しかし、最初のうちは高いギターを購入する必要はありません。「あの曲が弾けるようになったら好きなギターを買おう」と目標を定めるのもギター上達につながりいいかもしれません。いきなり何十万もするアコースティックギターを購入し飽きてしまったら本当にもったいないです。